top of page
  • siseong3

768kHzのオーバーサンプリングを体験してください。

更新日:5月31日


Semibreve DA10S DAC with XMOS 768KHz Over




この製品はAli Expressから購入し、Amanero USBコントローラーモジュールを搭載していました。


デュアルES9038Q2Mの鮮明さは間違いなく良く、価格も非常に手頃です。製品の仕上げや表示も良いです。


ただし、内蔵のNJM5532DD OPAMPを交換した方が良いでしょう。持っていたBBをOPA2604に交換したところ、空間感が確実に向上したと感じました。




私の場合、Amanero USBのファームウェアを交換しました。時々カチカチという音がしました。アップデート方法は以下のYouTube動画を参照してください。難しくはありませんが、この製品の場合、動画とは異なり、2番と3番の2つのピンをショートする必要がありました。


ファームウェアにはいくつかのバージョンがあります。786kHzまで対応したバージョンがありましたが、正常に動作しませんでした。最も高いバージョンを試して、問題がある場合は別のバージョンを試してください。




今では、1つのことを除いて、使用して満足しています。


内蔵のヘッドホンジャックにイヤホンを接続すると、出力が弱く、ホワイトノイズが出ます。ヘッドホンアンプで聴くとノイズは消えましたが、ヘッドホンで楽しみたい場合は、別途ヘッドホンアンプを使うか、RCA出力をヘッドホンジャックに変換しないと使えません。


ヘッドホン出力端子は絶対に使わないでください。がっかりするでしょう。




全体的に、うまく調整すれば非常に便利な製品のようです。


今、新しいOPAMPとXMOS USBモジュールを注文しました。


これが届いたら、使用後に更新します。






Semibreve DA10S DACからPine Playerに768kHzオーバーサンプリングを操作するために、XMOS USBインターフェースを入手しました。下の写真をご覧ください。Aliから購入しました。付属の接続ピンをはんだ付けする必要がありました。難しくはありませんでしたが、少し恥ずかしかったです。


はんだ付け後、写真のように取り付けてOSFモードで再生したところ、768kHzオーバーサンプリングで正常に再生されました。


さまざまな議論がありますが、オーバーサンプリングでDACを操作すると、明らかに音質の違いがわかります。デジタルノイズを除去するためにフィルターを使用する必要がある場合があります。


DA10Sは、デジタルフィルターを選択する機能を提供します。ESSが提供する次のデジタルフィルターを選択できました。

 

Minimum Phase Fast

Minimum Phase Slow

Apodizing Fast

C-M Phase Fast

Brick Wall

Linear Phase Fast

Linear Phase Slow




 


閲覧数:3回0件のコメント

Opmerkingen


bottom of page